雛人形の製作工程-望月人形-

望月人形さんの雛人形の製作工程をご紹介致します。
伝統の工法

製作工程1
衣装の生地に貼る裏打用の和紙を寸法帳を見て裁断する。そして、のりを付け生地の裏に貼り、生地を裁断する。

 受け継がれている寸法帳を見ながらまずは、お雛様の基礎となる裏打ち用の和紙を裁断する。 

 和紙を寸法帳の寸法に合わせて裁断。

 裁断した和紙をのり付けする。

 お雛様の生地は西陣織のものや桐生の生地を当店では使います。

 のり付けした和紙を生地に貼っていく。このときに衣装として完成した際に柄が出る様に計算しながら貼っていく。

 裏打ちした生地を裁断していく。

【型紙】衣装の生地に貼る裏打用の和紙を寸法帳に記載された寸法に合わせ裁断していく。数百種類もの基本的な寸法があり、殿で約50パーツ、姫で約120パーツが必要となる。和紙は楮入りの和紙を使用。裁断した和紙にのりを付け生地の裏に貼っていく。のりは、でんぷんのりを独自の製法で炊き、粘りを出していく。

製作工程2
必要なパーツを手縫いやミシンで縫い合わせて形作っていく。

 裁断した殿の衣装です。

 裁断した姫の衣装です。

 必要なパーツをミシンや手縫いで合わせていきます。

 姫の衣装を制作している所です。

 完成した殿の衣装。

 完成した姫の衣装。

【衣装】雛人形の衣装は、桐生や京都の西陣織を使用。公家が実際に使用してきた有職文様を人形用に織り、雛人形の衣装として可能な限り実際の衣装に近く仕立てる。

製作工程3
胴体は固く重ねたワラを使用。必要な寸法に合わせ裁断し、腕の基本となる針金を取り付け、木毛を巻いたものを針金に通す。

 お雛様のサイズによって藁胴の太さや長さが変わってきます。

 藁を胸のカーブに合わせてカットする。

 腕の芯となる針金を藁胴に通す。

 和紙に木毛を巻いて腕を制作する。

 出来上がった腕を先ほど完成した胴体に付ける。

 完成した殿と姫の胴体。

【胴体】雛人形の基本となる胴体は固く重ねたワラを使用。必要な寸法に合わせ藁を裁断し、人の形に似せる様に藁を胸のカーブに合わせてカットする。腕の基本となる針金を取り付け、和紙に木毛を巻いて腕や股を制作する。出来上がった腕、股を完成した胴体に付ける。

完成した胴体

雛人形の手

製作工程4
製作工程2で出来上がった衣装を、製作工程3で出来上がった胴体に着付けをする。その際、左右のバランスなどを入念にチェックしながら着付けする。そして、最後に頭や道具を取付け完成。

 殿の衣装を胴体に着付けをしています。

 姫の衣装を胴体に着付けをしています。

 着付けをした胴体の腕を曲げています。この作業でお雛様の形が決まる大事な作業です。

 振りつけたお雛様に頭や小道具を付けて完成です。

 最後に完成したお雛様のバランスをチェックします。

 完成したお雛様です。


雛人形のページへ

雛人形をお探しの方はこちら↑をクリック

知ってお得な節句人形豆知識