破魔弓の由来

明仁親王誕生時に行われた読書鳴弦の儀奉仕員
弓には武勇を表し、さらに邪気をはらい、眼に見えない精霊を退散させる力のあるものという意味と、人間には知ることの出来ない方向と距離を判定する占いの道具としての意味があります。神社などでは平安の頃より魔除けの意味での破魔弓神事や、年占い神事が行われていました。「はま」は弓で射る的、またはその競技を意味し、後に「破魔」の字をあて魔を射ると解されるようになりました。
また、宮中では、弓に矢をつがえずに弦を引き音を鳴らす事により気を祓う鳴弦の儀(めいげんのぎ)が平安時代に、皇太子誕生儀礼として始まりました。

これらの神事が一般に広まり、現在の形になってきたのは鎌倉時代以降と言われています。
各地の城下町を中心に武家や豪商の間で、破魔弓を飾って悪魔を追い払い、家内安全を祈るようになりました。
初正月に男の子をお祝いする風習は各地に元々あり、男児の玩具弓矢と結びつき、雄々しく、力強く、健やかに育てとの願いをこめて破魔弓は飾られるようになりました。

破魔弓は、文字通り魔除けと厄払いのお守りとして、お子様の身を護るための防具として贈りあう習慣が綿々と受け継がれています。

※写真は、明仁親王(今上天皇)誕生時に行われた読書鳴弦の儀奉仕員の写真です。弓を持たれた方が4名いらっしゃいます。

さくらソレイユ楽天市場店破魔弓のページへ
破魔弓の商品ページへ

知ってお得な節句人形豆知識

2 thoughts on “破魔弓の由来”

コメントを残す