破魔弓の種類

ケースは塗ってあるもの(黒塗り艶アリ 艶ナシ 朱塗り等)と木目を生かしたもの(桐、欅、竹、杉、花梨、鉄刀木、紫檀、黒檀、黄金檀等)があります。またバックに本金箔(金澤箔、川俣箔等)を貼ったり本金盛上げ蒔絵や金彩蒔絵をした豪華な仕上げのもございます。

また、通常は板ガラスを使用していますが、面取りガラスを使用している破魔弓もあります。面取りガラスはガラスが厚いので柱の溝に入れるため隅を薄く削ってあります。ガラスの隅に筋が見えるのはこの為です。最近では、軽量で割れないアクリルケースも人気です。加工がしやすいので、パノラマ仕様や六角ケースに使われている場合があります。

弓は合成樹脂、木製、竹製がありますが竹製を除いて塗ってあるので良くわかりませんが脇から見て筋の見えるのは合成樹脂です。塗りも本漆や梨地仕上げをした豪華な物もあります。また巻いてある物もビニール、綿、籐の違いがあります。
矢の素材は合成樹脂のパイプ、木製、竹製があります。鏃(やじり)は合成樹脂、金属、木製があり、本金メッキや金箔押しの豪華な仕上げの物もあります。
矢羽根は安価な物は鶏を染めた物もありますが、色々な鳥の羽が使われています。

破魔弓の羽根

銘木(唐木)の破魔弓

唐木という名称は、昔「唐から来た木材」或いは、「唐の工芸品に用いられた」という意味で、当時我が国に入荷した高級家具・工芸品をその頃中国を統治に唐によって統治されていたため「唐の木」唐木と呼ばれていました。
実際に唐木は、熱帯及び亜熱帯地方の一部に産する世界で最も良質の木で、高級家具及び装飾用に適する銘木のことです。唐木の代表的なものには、紫檀・黒檀・鉄刀木がありますが、その材質の良さは硬くて強靭、半永久的な耐久力、緻密さ、油脂感触の出る光沢などにより古くから珍重されています。また、近年材料としての品薄の状態となり、その希少価値も一層高まっています。

黒檀の破魔弓


黒檀は世界で最も良質の木とも言われており、正倉院の宝物にも黒檀が見られるほど古来より珍重され、乾燥性があり、虫に喰われにくい事から朽ちることが無いと言われています。材の色は鮮赤色や紫色を帯びた赤色です。重硬で肌色はやや粗いものの耐久性、保存性が非常に高く、磨けば優雅な気品のある独特の光沢が出て美しいです。
黒檀の破魔弓

鉄刀木の破魔弓


美しい斑模様が特徴の唐木三大銘木のひとつです。濃褐色の独特の木目は非常に個性的で、縞模様が細かく入り美しく、材質は堅牢で重厚で、耐久性があります。木材の重くて硬い様が、まるで「鉄の刀のよう」ということから「鉄刀木」の字が当てられています。
鉄刀木の破魔弓

花梨の破魔弓


材の色や鮮赤色や紫色を帯びた赤色です。木目はやや交錯または波状です。重硬で肌目はやや粗いものの耐久性・保存性は高く、磨けば良く光沢が出て美しいです。
花梨の破魔弓

知ってお得な節句人形豆知識

One thought on “破魔弓の種類”

コメントは停止中です。