羽子板の制作の違いについて

(1)押絵羽子板
立体感のある美しい絵柄が魅力の押絵羽子板は、型紙に綿をのせて羽二重の布でくるみ、更に表地で包んで絵柄を立体的に仕上げるという技法で作られたものです。
綿を布でくるんだ50-60の細分化されたピースを組付けて図柄が作られていますので、プレス羽子板や木目込み羽子板とは比較にならないほどの大変な手間と時間を要します。
当然他の種類の羽子板に比べると値段はかなり高額になりますが、仕上がりの美しさの差は一目瞭然です。

(2)プレス羽子板
押絵の代わりに、金襴などの布地を張付けた厚紙をわん曲させたピースを組立て図柄を作り、プレス機で熱を加えて作られたものです。
押絵羽子板に似させた半立体的な形状をしてますが、中は空洞で大量生産が可能なことから値段は安価です。

(3)焼絵羽子板
板の上に焼き鏝で直接絵を描き、彩色した羽子板です。

(4)描絵羽子板
板の上に直接絵を描いたり、プリントした絵を付けた羽子板です。

(5)木目込み羽子板
上半身の姿を型取った立体的なボディに筋彫りをほどこし、そこへ着物の生地を貼り込んで作り上げたものです。
生地の端をボディの筋彫りに目打ちやヘラなどで押し込み、衣装を着ているように仕立ているのが特徴で、この生地の端を筋彫りに押し込む作業を決め込む(木目込む)ということから、その名がついています。
ちなみに木目込みの名が付く羽子板や人形は、ボディの素材に桐材の粉を原料とした桐塑を使用するのが本式とされています。しかし、最近の木目込み羽子板は、「木目込み」という名前こそ付いていますが、ほとんどがウレタン系の樹脂や発泡スチロール製で、その分値段は安くなっています。

弊社の羽子板は、全て桐板の上に押絵細工で作った図柄を取付た押絵羽子板です。

知ってお得な節句人形豆知識

One thought on “羽子板の制作の違いについて”

コメントは停止中です。