お夏・清十郎物語

お夏・清十郎物語は江戸初期の実話で、悲恋物語の極みとして 元禄時代の劇作家 西鶴が好色五人女で描き、近松門左衛門が世話浄瑠璃で物語を表現しました。
お夏は姫路城の大手門にあたる本町の米問屋但馬屋九左衛門の娘に生まれ、清十郎は姫路の西室津港の造り酒屋和泉清左衛門の息子で何不自由の無い家庭に育ち、錦絵にも優る美男でしたが、故あって清十郎は十九才の時、但馬屋に勤める身になり、明け暮れ律義に勤めたので万人から好かれるようになりました。

いつしかお夏と清十郎は深い相想の仲となりましたが、九左衛門はこれを許しませんでした。思いもよらぬ濡れ衣に依って、あたら二十五才のの時、清十郎はかなくも刑場の露と消えたのでした。
此のことを知ったお夏は、黒染めの衣に身をつつんで読経三昧にくらし、ひたすら清十郎の冥福を祈りました。
但馬屋も二人の純愛に打たれ、慶雲寺寺内に「比翼塚」をつくって、其の霊を慰めたと云われています。

比翼塚
null

null

慶雲寺(けいうんじ)
兵庫県姫路市野里慶雲寺前町にある臨済宗妙心寺派の寺院。
null

むこうを通は清十郎じゃないか 笠がよう似た管笠が・・・・・・・
と云う俗詩が大流行し、畏くも天皇上聞に達し、御製を賜ったもの
null

御製は後水尾天皇と後西天皇より賜っています。

電信柱の独り言「昔の名前で立ってます」

東洋紡の電信柱
儂の名前はNTT名「トウヨウボウ11D」、関西電力名「水上79-16」。
電信柱じゃ。儂の立っている場所は兵庫県姫路市白国1丁目3-1。広峰山の麓で、そこから流れ出る増位川のほとりにかれこれ40年超立っている。
NTTと関西電力(関電)に名前を付けてもらい2社の共同利用じゃが、姫路市の町名看板や警察の信号機も付いておる。さらに複数の有線も取り付けられていて白国、増位本町、増位新町の地域インフラを背負っている主柱なんじや。

東洋紡関電電信柱
儂の名前で気が付いたと思うがNTTが付けた「トウヨウボウ」と関西電力が付けた「水上」じゃが、この地域にはトウヨウボウ(東洋紡)は無し、水上と言う地名も無い。実はワシが立てられる前ここに、大正8年から昭和50年まで東洋紡姫路工場が有ったんじゃ。昭和50年に東洋紡が閉鎖され、工場の跡地を姫路市が買収し、副都心としてこの地を開発したんじゃ。それと水上じゃがこの地名は1933年まで飾磨郡水上村と呼ばれて、姫路市の編入合併で無くなった地名なんじゃ。今でもこの辺の住人は地名で「水上」とか「水上地区」と呼称する人がいる。
昭和54年に地域の核としてニチイが出店し、この地域はマンションが建ち並んだ。その時の土地整備時にNTTと関電が儂を立ててNTTはトウヨウボウ11D、関電が水上779-16と名前を付けたんじや。ワシの名前は撤去されるまで変わる事がないのでこのまま「トウヨウボウ」と「水上」で昔の名前で立ち続ける。
※関電の「水上」の方が儂より古い呼称で電線が通った時に地名からとった名前じゃ。

人形のちぐさや
儂の立つている土地は昔の東洋紡績の購買部が有った場所で、今は儂の下で「ひな人形」や「五月人形」などの「節句人形」を販売する「人形のちぐさや」が営業している。

この地域で東洋紡績の敷地に関係ある電信柱は「トウヨウボウ」、「東洋紡」、「東洋紡跡」の名前をNTTに付けてもらって立っている。関電が付けた「水上」の名札は東洋紡績絡みでは東西の電線を背負っている古い柱だけだ。結構名前の由来は複雑だ。
儂の東西南北に立っている仲間を紹介しておく。

先ずは南の柱はNTT名「トウヨウボウ」関電名「ニチイ」だ。こいつの名前の「ニチイ」も今は無い。副都心開発当初は「ニチイ北姫路店」として量販店が有ったのでその名残りじゃ。

ニチイ電信柱
その後、「ニチイ」は「マイカル」に社名変更し、大型ショッピングセンターは「サティ」と店名変更し、「姫路サティ」となり、「マイカル」が破綻し、会社更生で「イオン」が買い取り、この店舗は「イオン姫路店」となった。南の電信柱も昔のなまえだな。この付近の住人はこの店舗を「イオン」とは呼ばずいまだに「サティ」と呼ぶ人がほとんどだ。ワシの下の横断歩道で信号待ちをしている買い物客の会話も「今からサティで買い物」とか「サティで買い物したんや」とか会話している。

北の柱はNTT名「東洋紡」関電名「白国」・中林産婦人科の横に立っている。
中林産婦人科

東の柱は「西松屋チェーン北姫路店」前に立つていてNTT名、関電名もワシと同じ「トウヨウボウ」、「水上」で儂と共にインフラを共に支えている電信柱じゃ。
西松屋電信柱

西の柱は「ほっかほっか亭花の北店」の前に立っている。この柱も儂や東の柱と同じ名前でNEE名「トウヨウボウ」、関電名「水上」で東と同じ様に西への延長で儂が背負う線を背負ってくれている。
ほっかほっか亭電信柱

儂が言うのもおこがましいが日本全国に立っている電信柱の名札を見れば古い呼称や地名を付けて立っている電信柱が沢山有ると思う。柱の名札を見て記述の様に昔を懐古するのも結構楽しいと思うぞ。
では。

加古川ツーデーマーチ 2018年11月10日・11日

加古川市主催イベント「加古川ツーデーマーチ」が11月10日11日と開催されます。
特別企画11月10日 #コスプレイベント コスマーチ
参加問合せ090-3212-6609 #加古川ツーデーマーチ 実行委員会事務局(担当:原田)
コスプレ参加でイベントを盛上げましょう!!

写真は、 #にっかり青江 の #模造刀
にっかり青江の模造刀

さくらソレイユ楽天市場 模造刀のページへ
模造刀

雛人形の衣裳-黄櫨染(こうろぜん)

黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)
天皇が皇室祭儀の恒例臨時を通じて最も多く用いられる御装束で、色は黄櫨染(こうろせん)。
黄櫨染は天位の象徴色として、盛夏の太陽の輝きを表したものといわれています。
弘仁11年に天皇が晴の儀式に着用する袍の色と定められ、天皇以外は用いることができない絶対禁色とされました。
黄櫨染は櫨(はぜ)の樹皮と蘇芳から染め出される色で、熟練の染師でも毎回同じ色に染めるのが難しいほどの難易度の高い色です。

null

黄櫨染御袍の文様、桐竹鳳凰(きりたけほうおう)
中国の太古に黄帝が南園に斎をしていた時、庭上の桐樹に鳳凰が竹の実をくわえてとまったという故事により作られたものです。鳳凰は地上の梧桐に栖み、六十年に一度稔る竹の実を食して現世に栖まいます。
黄帝は聖天子とされ、鳳凰は聖人の位にあり、天下泰平の時に出る瑞鳥といわれたことから、天皇の御服の文様とされました。
現在も天皇御即位式等にお召しになられる由緒ある文様です。
構成に、君主が仁のある政治を行うときに現れる瑞獣の麒麟を加えて桐竹鳳凰麒麟とし、筥形の構図に纏められました。

null

平成31年(西暦2019年)5月1日に皇太子様が即位されます。
皇位継承の証しである剣などを新天皇に引き継ぐ「剣璽等承継の儀」は即位日の19年5月1日に開かれ、承継の儀の後、同じ日に新天皇が即位後に初めて三権の長らに会う「即位後朝見の儀」をされます。
10月に即位を公式に示す「即位礼正殿の儀」が催され、オープンカーで祝福を受ける「祝賀御列の儀」があります。
即位を祝う祝宴「饗宴の儀」は同日かその後に催されるようです。

即位の礼 平成元年(1989年)11月12日
即位礼正殿の儀の装束。天皇陛下は黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)をお召になっていらっしゃいます。

YouTube即位の礼動画
即位の礼


雛人形のページへ

雛人形をお探しの方はこちら↑をクリック

知ってお得な節句人形豆知識

雛人形の製作工程-望月人形-

望月人形さんの雛人形の製作工程をご紹介致します。
伝統の工法

製作工程1
衣装の生地に貼る裏打用の和紙を寸法帳を見て裁断する。そして、のりを付け生地の裏に貼り、生地を裁断する。

 受け継がれている寸法帳を見ながらまずは、お雛様の基礎となる裏打ち用の和紙を裁断する。 

 和紙を寸法帳の寸法に合わせて裁断。

 裁断した和紙をのり付けする。

 お雛様の生地は西陣織のものや桐生の生地を当店では使います。

 のり付けした和紙を生地に貼っていく。このときに衣装として完成した際に柄が出る様に計算しながら貼っていく。

 裏打ちした生地を裁断していく。

【型紙】衣装の生地に貼る裏打用の和紙を寸法帳に記載された寸法に合わせ裁断していく。数百種類もの基本的な寸法があり、殿で約50パーツ、姫で約120パーツが必要となる。和紙は楮入りの和紙を使用。裁断した和紙にのりを付け生地の裏に貼っていく。のりは、でんぷんのりを独自の製法で炊き、粘りを出していく。

製作工程2
必要なパーツを手縫いやミシンで縫い合わせて形作っていく。

 裁断した殿の衣装です。

 裁断した姫の衣装です。

 必要なパーツをミシンや手縫いで合わせていきます。

 姫の衣装を制作している所です。

 完成した殿の衣装。

 完成した姫の衣装。

【衣装】雛人形の衣装は、桐生や京都の西陣織を使用。公家が実際に使用してきた有職文様を人形用に織り、雛人形の衣装として可能な限り実際の衣装に近く仕立てる。

製作工程3
胴体は固く重ねたワラを使用。必要な寸法に合わせ裁断し、腕の基本となる針金を取り付け、木毛を巻いたものを針金に通す。

 お雛様のサイズによって藁胴の太さや長さが変わってきます。

 藁を胸のカーブに合わせてカットする。

 腕の芯となる針金を藁胴に通す。

 和紙に木毛を巻いて腕を制作する。

 出来上がった腕を先ほど完成した胴体に付ける。

 完成した殿と姫の胴体。

【胴体】雛人形の基本となる胴体は固く重ねたワラを使用。必要な寸法に合わせ藁を裁断し、人の形に似せる様に藁を胸のカーブに合わせてカットする。腕の基本となる針金を取り付け、和紙に木毛を巻いて腕や股を制作する。出来上がった腕、股を完成した胴体に付ける。

完成した胴体

雛人形の手

製作工程4
製作工程2で出来上がった衣装を、製作工程3で出来上がった胴体に着付けをする。その際、左右のバランスなどを入念にチェックしながら着付けする。そして、最後に頭や道具を取付け完成。

 殿の衣装を胴体に着付けをしています。

 姫の衣装を胴体に着付けをしています。

 着付けをした胴体の腕を曲げています。この作業でお雛様の形が決まる大事な作業です。

 振りつけたお雛様に頭や小道具を付けて完成です。

 最後に完成したお雛様のバランスをチェックします。

 完成したお雛様です。


雛人形のページへ

雛人形をお探しの方はこちら↑をクリック

知ってお得な節句人形豆知識